スタートレック劇場 ☆ 新作・未公開<テレビ・映画>ファンフィルム

STAR TREK Fan Film の紹介・公開・最新情報。 あなたの知らないもうひとつのスタートレックがここにある。 

クリンゴン帝国が、連邦の惑星アルカニスを壊滅させたことにより始まった「惑星連邦対クリンゴン4年戦争」。当初、完全に劣勢だった連邦は、連邦初の戦闘用宇宙船アレス級を製造し、戦況を巻き返すのだった・・・。


<正式な日本語字幕版で見れます>

この短編映画 「アクサナーへの序章/ Prelude to Axanar 」は、惑星連邦とクリンゴンとの戦争の経緯を描く、長編映画「スター・トレック アクサナー」 (2016年公開予定)のプロローグ版です。
 「アクサナーへの序章」は、現在の連邦幹部が過去のクリンゴン戦争の状況を語るドキュメンタリー形式で描かれます。 2014年7月26日のアメリカのサンディエゴ・コミックコンで初めて公開されました。この短編映画は、フィルム自体を2日間で撮影、8万ドルの低予算で作られましたが、CGで描かれるハイレベルの戦艦およびバトルシーンはハリウッドSF大作映画に劣らない素晴らしい出来です。これは長編版で描かれる主な特撮シーンで、俳優演技の本編シーンは2016年1月より撮影が始まり、完成後のフォローアップ長編版映画は、ドキュメンタリー形式ではなく時系列に沿ったドラマが展開されます。

ちなみに「4年戦争 第3章 アクサナーへの序章」とサブタイトルがでますが、第1章,第2章の映画はありませんので誤解なきように。また公式の日本語字幕製作は mixi コミュ「アマチュア・スタートレック」 管理人のプレスさんが作って下さったものです。

Axanar072214
star-trek-axanar-001

ジェームズ・T・カークの前のエンタープライズ号船長クリストファー・パイクの冒険を描いた映画「スター・トレック:キャプテン・パイク(STAR TREK: CAPTAIN PIKE MOVIE)」 の制作が2015年7月8日に発表されました。 キャストにはウォルター・ケーニッグ 、ロバート・ピカード、レイ・ワイズ らが名前を連ねています。

cage3パイク船長は、シリーズ化される前の「宇宙大作戦」 のパイロット版エピソード 「歪んだ楽園/The Cage (1964)」 で登場しています。そして「宇宙大作戦/第25.26話 タロス星の幻怪人(前・後)」 で、このパイロット版に新たな映像を加えて 「宇宙大作戦」 の1エピソードを構成しています。そのなかで、カークの前任船長として宇宙探査任務(エンタープライズ号二代目船長)をしていたこととなっています。この映画 「スター・トレック:キャプテン・パイク」 はその宇宙探査任務を描いたものです。
ただし、リブート版 『スター・トレック』 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 の新時間軸では、クリストファー・パイクはエンタープライズ号初代艦長で、パイクが艦長として指揮したエンタープライズ号は処女航海である最初の数日間だけとなっています。

「スター・トレック:キャプテン・パイク」 の製作費は、キックスターターで集めているのでそれによって製作状況はどうなるかはわかりませんが、<キャプテン・パイク・サーガ>として、Webシリーズ化を目指しています。
なおこの作品は、ファンフィルムで「パラマウント・CBS」とは提携・承認はされていない映画です。


(自動翻訳の日本語字幕有り)

paik1

<この記事は私の別ブログ「未来映画館 November 03, 2015」の修正転載記事です>




ヴォイジャーが帰還して10年後 惑星連邦は危機に瀕していた。ダイリチウム結晶の供給源の惑星を空間と時間の歪みが包み込んで外部との接触を分断していたのだ。そして、この現象は自然ではなく、誰かあるいは何かが、これを行っているのだった。これには、抜本的な対策が必要だが、そのうちのいくつかは、連邦の通常の管轄外にあった。提督パヴェル・チェコフと連邦艦隊幹部は、ボイジャーの元セキュリティ担当者と新セクション31のヘッド・トゥヴォックにこの任務に命じる。トゥヴォックはセクション31に逮捕され、惑星オリオンの刑務所に終身刑で服役しているレクサ・シンが率いる犯罪者・ならず者(Renegades)と共に原因究明の極秘任務を命じるのだった。 

 
この動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(「スタートレック レネゲイズ エピソード1」)


21
Star Trek:Renegades/Episode1(TV Pilot 2015)
<監督>
ティム・ラス
<出演>
ウォルター・ケーニッグ  (パベル・チェコフ提督)
ティム・ラス      (トゥヴォック)
エイドリアン・ウィルキンソン(キャプテン・レクサ)
ロバート・ピカード   (ルイス・ジマーマン博士)
ショーン・ヤング    (ルシアン博士)
ゲイリー・グラハム   (ラグナー)
リチャード・ハード   (オーウェン・パリス提督)
ヴィック・ミニョーニャ (ギャリス)        他
<作曲>
ジャスティン・R・ダーバン

公開メディア:You Tube/公式サイトでDVD販売
初公開日:2015年8月24日
時間:88分

renegadescrew


CBS非公認のファンフィルム「TV新シリーズ/スタートレック:レネゲイズ」の2015年8月公開のパイロット版の1シーン・クリップ二つとミュージックビデオです。
ST-Renegades-1
その1、監獄惑星で、受刑者同志で、賞金賭けバトルをしているところにトゥヴォックがスカウトに来るシーン。

その2、レクサが指令を遂行するために、ならず者を説き伏せているシーン。

その3、「私はどんな状況、いかなる運命にも屈しない、私はわが魂の支配者」という歌。
 


2014/05/13 公開 その1、囚人レクサ
 
この動画は、YouTube 字幕機能で、日本語字幕(自動翻訳)が見れます。


2014/07/30公開  その2、ミッション

この動画は、YouTube 字幕機能で、日本語字幕(自動翻訳)が見れます。


2015/03/15公開 その3、ミュージックビデオ

この動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(スタートレック レネゲイズ ミュージックビデオ)
 

この映画(TVムービー)は、「スタートレック」のTV新シリーズのパイロット版としてキックスターター(ネット募金)で製作資金が集められて作られたファンフィルムで、集まった製作資金は最終的に3万ドル(350万円)になりました。
CBSのネット配信サービスでの公開を前提に作られましたが、残念ながらCBSでの公開にはなりませんでした。しかしキックスターターによる資金集めの見通しがたったので、ファンフィルムのTVシリーズとして第2話・第3話の製作が決まり、現在、そのためのキックスターターでの資金集めを開始しています。

Star-Trek-Renegades-2015

ヴォイジャーが帰還して10年後に惑星連邦が謎の危機に陥った。トゥヴォックは、調査をセクション31によって捕えられ服役中のレクサ・シン( 遺伝子操作を受けた優性人種カーン・ノニエン・シン『 宇宙大作戦/第24話 宇宙の帝王 』『 スタートレックII カーンの逆襲 』の子孫 )を使うのだった・・・。

「スタートレック:レネゲイズ」には公式スタートレックのTVシリーズでおなじみのパベル・チェコフ提督(ウォルター・ケーニッグ) 、トゥヴォック(ティム・ラス) 、ルイス・ジマーマン博士(ロバート・ピカード) などが出演して公式の続編的作り方をしていますが、あくまで非公認のファンフィルムで、「CBS」とは提携・承認されていないTVシリーズです。

2013年の特報予告第1弾、第2弾、そして最終公式予告です。(自動翻訳字幕はあまり役に立ちません)

 

速報1   (2013/11/21公開)

この動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(「Star Trek Renegades Official Teaser Trailer」)


速報2 (2013/12/21公開)

この動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(「Star Trek Renegades Official Teaser 2」)


公式予告 (2015/04/07公開) 

この動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(「スタートレック レネゲイズ 予告編」)

 

公式TVシリーズ『スター・トレック:エンタープライズ』と同じ舞台の22世紀(2160年)。地球を中心に結成された惑星連邦は、ロミュラン帝国と戦争に突入した。この戦争で優位に立つために惑星連邦は、ロミュランの女性亡命者トゥマール中尉と同盟を結んだ。そして惑星連邦は、彼女がロミュラン帝国の内情について、貴重な情報を提供することを期待していた・・・。ロミュラン帝国との戦争のなか、ハリソン·ホーク船長とNX-04ディスカバリー号のクルーの活躍を描いたエピソードで、2時間の長編映画です。

この映画 「スター・トレック:ホライゾン/Star Trek Horizon」 は、アメリカ・デトロイトのトミー・クラフトが脚本・監督・製作。地元の俳優を使い、俳優だけ先にを撮影、あとからCGで背景・特撮部分を加え完成する予定です。製作費を公募で集め、資金目標額の1万ドルをはるかに上回る22,000ドル(約250万円)を集めて製作が進んでいます。最終予告も公開され、2016年2月公開予定です。ファンフィルムなのでネット公開になると思いますが、商業映画に匹敵するハイレベルな映画なので劇場公開で見たいものです。
なおこの作品は、スター・トレックの映画製作・配給の「パラマウント」と提携・承認はされていない映画です。 
2014年5月に公開されたオープニング・シーン、2014.年10月に公開された第1予告、2015年10月に公開された最終予告です。


この動画は、YouTube 字幕機能で、日本語字幕(自動翻訳)が見れます。



この動画は、YouTube 字幕機能で、日本語字幕(自動翻訳)が見れます。



この動画は、YouTube 字幕機能で、日本語字幕(自動翻訳)が見れます。
またこの動画の 【日本語字幕版】 は、ニコニコ動画(会員制/無料)で見ることができます。
(「スタートレック ホライズン 予告編」)

HORI

<この記事は私の別ブログ「未来映画館 2015.1.3 と 2015.10.14 の記事の修正転載です>
 

このページのトップヘ