プロの映像コンテンツスタジオ 「ホワイトリストプロダクション」 の製作で、2016年1月19日公開された「スターウォーズ」の非公式・非営利の短編ファンフィルム(7分30秒) 「Kara」 です。 監督はジョー・シル。

反乱軍と帝国軍の戦いが激化するなか、砂漠を旅する年老いた父親(ピーター・アーベゼラ)と娘カーラ(アンドラ・ネキーダ)。ふたりは、墜落したXウィングパイロット・アテナ(ダニエラ・フリン)に出会い、戦いに巻き込まれることになってしまう。そしてカラは・・・。
スクリーンショット (2)スクリーンショット (5)

私は、もちろんスターウォーズよりスタートレックなんですが、すばらしい出来の「スターウォーズ」のファンフィルムが公開されましたので紹介します。戦争の悲惨さ、フォースへの畏怖を少女カーラを通して短時間ながら描かれています。
スクリーンショット (4)
「スターウォーズ/フォースの覚醒」に不満のある私にとってこちらこそ見たかった「スターウォーズ」です。字幕はありませんが、映像で充分にマインドが伝わってきます。ちなみに「スターウォーズ/フォースの覚醒」のヒロインの名前が始めはキラだったことからこの作品は意図的に深刻なものにしていると思われます。